ホルン買取・horn・中古金管楽器/ドレミ楽器

ホルン買取します。フレンチホルン・フルタブルホルン・シングルホルンを全国から宅配買い取りします!


楽器買取センターDOREMI

LINE 楽器買取/無料お見積り 電話番号

楽器買取ドレミ楽器 ご利用案内 木管楽器 金管楽器 弦楽器 鍵盤楽器 会社案内 メール

楽器の買い取り 無料お見積り
楽器買取メニュー
木管楽器の買い取り 木管楽器
 
金管楽器の買い取り 金管楽器
 
弦楽器の買い取り 弦楽器
 
 
下記のいずれかの方法にて買取いたします
詳細につきましてはコチラでご確認ください。
楽器の宅配買取
 
身分証明書の提示
中古楽器の買取は古物商の法令に基づいて身分証明書の提示がもとめられます。満20歳未満の場合は保護者の承諾が必要です。
 
中古楽器買い取り価格をアップ
楽器の買い取り価格のお見積もりをメールや電話でお問い合わせの場合には楽器名、メーカー、品番、製造年度(購入年度)、ご購入価格、楽器の状態など知り得る範囲で詳しくお知らせいただきましたらより正確に高価買取の見積もりができます。
 

買い取りのポリシー
ご使用されなくなって買い取りした楽器や、買い替えのために下取りした楽器を、専門技術者がメンテナンスして販売しています。調整された中古楽器をお値打ち価格で手に入れたい、そんな音楽を愛する方々のお役に立ちたいと思っています。

LINE お問合せ

運営
楽器買取センターDOREMI
〒454-0854
名古屋市中川区松年町3丁目6番地2
営業時間:午前11時〜午後4時
(定休日:土・日・月曜日・祭日)
TEL:052-654-7155
サイトマップ
 
ホルン買い取り

どんな状態のホルンでも買い取りできますか!
修理可能な範囲で故障しているホルンは買取出来ます。
楽器状態を詳しくお知らせいただきましたら買い取りのお見積もりできます。

・楽器の外装(金属部分)に錆がある。全体的に汚れがある
・管体にへこみや傷がある
・外装部分にラッカーハガレ、鍍金の浮きがあり表面がブツブツしている
・ピストン部分の動きが悪い、ロータリーが固着して動かない
・楽器ケースまたはマウスピースがない
・メーカー&品番、製造年度が不明なフレンチホルンなど

ホルンについて・・・。
ホルンは「角」の意味を持った言葉であるが、古くから角笛を意味してもいた。現在ではホルンとは、一般にはフレンチホルンを指すことが多い。フレンチ・ホルン(英語:french horn)はカタツムリのような形状に巻かれた円錐状の管と、3つから5つの、通常はロータリー式のバルブ(弁)を持つ。ヘ調と変ロ調の調性を持った楽器があり、それぞれF管、B♭管と呼ばれるが、一般的には、それらを一つに組み合わせ「切換バルブ」と呼ばれる特殊なバルブで切り換えられるものが多用される。単一の調性の楽器をシングル・ホルン、2つの調性を持つものをダブル・ホルンと言って区別するが、ダブル・ホルンに一般的なヘ調より1オクターブ高い「ハイF」などを追加したトリプル・ホルンと呼ばれるものも存在する。

無料お見積り 無料査定・お見積り

■ホルンはメーカー品番、シリアル番号、外装、使用状況で買い取りのお見積もりをします
ロゴ シリアル番号 メンテナンス
品番・ロゴの刻印場所
写真はアレキサンダーホルンのロゴでベルの部分にありますす
シリアル番号(製造番号)
YHR567D数字の刻印は。006636はシリアル番号(製造番号)です。

外観&楽器の状態
外装はさび、傷、へこみの状態&ピストン、スライド、ロータリーの固着状態確認


ホルンの銘柄 2010年度品番 (掲載以外の品番も買取りできます)

アレキサンダ-ホルン
Alexander horn

アレキサンダー社:2014年に創業239周年を迎えたアレキサンダー社の歴史は、常に技術力の革新と斬新なアイディアともにありました。1909年に独自のロータリー形状がパテントを取得したモデル103は世界中の著名なソロ奏者、オーケストラ奏者に愛用され、世界で最も有名なフルダブルホルンとして存在しています。日本におけるアレキサンダーの歴史は1937年に現・YAMAHA株式会社との間で行われた取引の継続です。長年に渡るお互いの信頼関係、プロフェッショナリズム、そしてアレキサンダーと同じく楽器に対する強い情熱で成り立っています。

品番:103M、107M、309、F/B♭フルタブル、F/B♭High Fトリプル Alexander(FRG)
Fシングル、ディスカントモデル、ハイFトリプル、ワグナーチューバ、ウインナーホルン
クーリアホルン curia horn

クーリア社:Curia社はHornの製作からスタートし、現在ではロータリートランペットの製作も行うドイツの新しいメーカーです。ロータリートランペットは主にバンベルク交響楽団トランペットセクションのアドバイスを取り入れながら今までとは違うコンセプトで楽器を製作しています。現在では、ウィーンのオーケストラ奏者にもアドバイスを受けており、さらに進化し続けています。

品番:オーケストラモデル、301M、CHR-41 Curia(FRG)
ウィルソンホルン Willson horn ウイルソン社:研究開発のために世界のトッププレイヤーとの綿密なコンタクトを大切にしています。それは、現代のプレイヤーの要望に応えられる、パーフェクトな楽器を提供するためにはとても重要であると考えているからです。モデル220シリーズは、フリッツ・クルスペ氏の伝統的なデザインを進化させて生み出されたモデルです。管のテーパーと設計に関して研究、開発した成果である正確な音程、ウイルソンホルンすべてのラインナップに採用されているROTAX(R)バルブの効果は、限りなくロスの少ないエアーシステムであり、クイックかつなめらかなレバーアクションを実現しています。
品番:CS220CL、C221GB、CS260、CS262NS Willson(Switzerland)
ハンスホイヤーホルンHans Hoter マイスター・ハンスホイヤー社:金管楽器ホルンのブランド。「ハンス」や「ホイヤー」と略される事もある。ドイツの大手管楽器メーカーB&Sが製造している。元来は旧東ドイツの国営工場(VEB)が使用していたブランド名。名前の由来となった金管楽器製造マイスターのハンス・ホイヤーは、国営工場でホルン製造部門の部門長を務めていた人物である。国営工場で量産体制を取り、多数の楽器を西側諸国に輸出していたが、東ドイツ時代の製品には品質面での問題があった。ドイツ統一後はB&Sの傘下に入って近代的な設備で楽器を製造するようになり、品質は改善されている。

品番:801MAL、580CK、デスカント、ストリングレバーアクション、ベルカット Hans Hoyer(FRG)
ホルトンホルン Holton horn ホルトン社:有名なジョン・フィリップ・スーザ・バンドの首席トロンボーン奏者だったフランク・ホルトンが、1898年シカゴ・マジソンストリートのビル3階に2室の楽器店を開業、トロンボーン用のスライドオイル、 フォーミュラエレクトリックオイルを発売。今日ではあまりにも有名なホルトンオイルは、100年間ベストセラーを続けている。ホルトンの設計する斬新なデザインの金管楽器は多くの奏者から愛用された。金管楽器の総合メーカーとして世界中に広く知られるホルトン社は、2004年8月、アメリカの管楽器メーカーとして最も長い歴史を誇るConn-Selmer社(旧・Selmer USA)に 経営権を譲渡し、より一層の発展を目指している。

シングル、フルタブル、フォーカスモデル、マーカーモデル Holton(USA)

ヤマハホルン yamaha horn

ヤマハ(株):明治30年(1897年)日本楽器製造株式会社(ニチガク)として発足、YAMAHAのブランド名で展開してきたが、創業90周年の昭和62年(1987年)に社名をヤマハ株式会社に改称。創業以来の事業であるピアノ製造をはじめとする伝統的な楽器事業は国内トップブランドであり、質の良さから海外においても非常に知名度が高い。ピアノ生産量は世界シェア1位。1960年代から電子楽器の開発製造をおこなっており、電子的な音源の開発ではMIDI規格等において規格制定企業となるなど、高い技術力を誇っている

・Fシングル、カスタム、セミダブル、YHR-87、YHR-567 YAMAHA
・YHR-314U(Fシングル) ・YHR-322U(B♭シングル)
・YHR-567、YHR-567D・・YHR-567GDB(フルダブル) ・YHR-668D、YHR-668ND(フルダブル)
・YHR-87、YHR-887D ・YHR-868GD ・YHR-867KRD(フルダブル)
・YHR-841GD ・YHR-851GD(セミダブル) ・YHR-881 ・YHR-882(デスカントB♭)
・YHR-891 ・YHR-892(フルトリプル) ・YHR-882GD ・YHR-832GD(B♭シングル)

ヴェンツエル・マインル Wenzel Meini 品番:205CL,208GS,205GB,215GS,105CL
コーンホルン C.G.conn C.Cコーン社:金管楽器奏者の友人たちのためにマウスピースを製造していたコルネット吹き、”チャールズ・ジェラルド・コーン”は1875年、小さな店でアメリカ国内初のコルネットを製作。1879年に店を移転し楽器製造が軌道に乗ると、1888年コーンは15人の楽器職人を呼び寄せる。彼等の職人芸は、コーンの独創性や意欲とひとつになって楽器を生み出し、1893年シカゴで開かれた万国博覧会で彼等の楽器が最高栄誉賞を得たことは特筆に値する。

Fシングル:14D,15D,15D-SP,F/B♭ダブル:6D,8D,10D
その他メーカー パックスマンpaxman、シュミットengelbert schmid、オットーdieter otto、クノッフH.F.knopf、 クルスペkruspe、 ローソンlawson、エルクELK、キューンKuhn、コンフォルドConford、 ズィーレF.Syhre、 イラチェクJiracek、 イオ/IO、フィンケFinke、デュルクLewis Durk 、リドゥルJosef Lidl 、ヴェンツエル・マインルwenzel meinl、オットーDieter otto、ローソンLowson,キューンKuhn、フィンケFinke、ユングヴェルトJungwirth

ホルンのお手入れ

ホルン・チューバなどロータリー部分にはそれぞれの目的に応じて「ローターオイル」「ロータースピンドルオイル」「レバーオイル」の3種類のオイルを使い分けます。また、抜差部にはスライドグリスを使用します。(スライドクリームではありません 演奏前にはローターへの注油:抜差管を抜いてローターオイルをローターに注油しましょう。 抜差管を抜くときは必ずレバーを押しながら抜きます。抜差管内側についているグリスや汚れとオイルが混ざるのを防ぐため、注油口先端が抜差管外管内側に直接当たらないように差し込みます。注油口先端は金属でできていますのでローターに直接当たらないように注意深く差し込みましょう。オイルが全体にゆきわたるようにレバーを動かしてください。 演奏後には管内の水分を抜く:抜差管を抜いて水分を出しましょう。演奏前と同じようにローターに注油してください。楽器の表面をポリシングクロスで軽くふきましょう。汚れや変色が目立つ場合は、次項の手入れ用品をお使いください。

 
 
  まずは買取フォーム・お電話にて商品詳細をお知らせください。   お見積り金額でOKでしたら、ご希望の方に梱包キットをお届けいたします。   同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送してください。   買取の楽器を当店にて確認でき次第、ご指定の口座にお振込!  

■ご希望の方には、らくらく梱包セット(梱包材料)を無償でご提供いたしております

・内容は、楽器梱包のプチプチ、着払い伝票、割れ物注意シールとなっております
・梱包材のプチプチを二重巻きできるように多めにお送りいたします
・買取エリアは全国です


Copyright (C) 楽器買取センター 楽器買取センターDOREMI ALL Rights Reserved.