ピッコロ買取します。ヘインズ、ハンミッヒ、ヤマハ、パウエル、タケザワ、サクライ、ヤマダピッコロを全国から買い取りします

フォームで詳しく楽器買取のお見積もり ラインで簡単な楽器買取お見積もり

ピッコロ買取

ピッコロがどんな状態 でも買い取りできますか

ピッコロ買取りお見積りのポイント

品番、製造年度、外装、使用状況で買取のお見積もりをしています(写真はバーカート)

ピッコロのロゴ

■品番の刻印
シリアル番号が刻印

ピッコロのタンポ状態

■タンポ状態
タンポ破れ・破損

ピッコロのメンテナンス

■外装・楽器の状態
さび、傷、割れ、凹み

ピッコロとフル-トの違い

ピッコロの管体の長さはフルートの半分ほどで音域はフルートより1オクターブ高く、管楽器の中で最高音域を受け持っています。フルートと違い足部管が無いため最低音はDですが運指はフルートと同じです。フルートはテオバルト・ベームによって足部が細い逆円錐管から円筒管に改良され材質も木製から金属製へと改良されましたがピッコロはその独特の音色のために今でも逆円錐管で木製のものが主流です、しかしサンキョウの金属製などフルートと同じく円筒管を用いている楽器もあります。

ピッコロ買取のメーカー・掲載以外も買取歓迎!

ゲマインハートピッコロ買取

品番: 4P、4W、ロイシー・マン、ABS樹脂、キー洋白銀、グラナディラ材 Gemeinhardt(USA)、4P-SH,4W,4W-SSK,ロイ シーマン リミッテド

バーカートピッコロ 買取

品番: B&P、ハンドメード、CUSTOM、DELUXE、アメリカングラナディラ Burkart(USA)

パウエルピッコロ 買取

品番: ハンドメード、キングウッド製、キー9K製 Powell(USA)

ハンミッヒピッコロ 買取

品番: johannes Gerhard Hammig(FRG)、philip Hammig(FRG)、B,Hammig(FRG)

サクライピッコロ 買取

品番: SP,IVS,IVG,GS,NIVS

タケザワピッコロ 買取

品番: 205PA,205EVR,NS,NSPA,SS,SG,SSG

ヤマハピッコロ 買取

品番: 波型歌口、PPC-32,YPC-61,YPC-62,YPC-81,YPC-82,YPC-91,YPC-92 yamaha piccolo

サンキョウピッコロ 買取

品番: P-301N,P-401N

パールピッコロ 買取 

品番: PFP-105E,PHP105ES,PFP165E,PFP165ES,木製頭部管:TPH-1W,TPH-1SW

その他のピッコロ買取

キーフピッコロ Keefe、 FMCフルートマスターズピッコロFMC flute masters、 フィッシャーピッコロ Werner Fischer、 ブラウンピッコロ BRAUN、ボストンレガシーピッコロ Boston Legacy、 ミヒャエル・フォイクトピッコロ Mchael Voigt、 メナートピッコロJMehnert、ヤマダピッコロ yamada  、ヘインズピッコロ  WM.S.HAYNES、フィンダピッコロ Finda piccolo

楽器買取りの流れ

買取の流れ ご希望の方には梱包キット(梱包材料)を無償でお送りいたします!

買取のフォーム又はお電話で楽器の詳細をお知らせ下さい

お見積り金額でご納得の場合、梱包キットなどをお届けします

同封の説明書通りに楽器を梱包し、着払いにて発送して下さい

買取の楽器を確認でき次第、ご指定の銀行口座にお振込みです

当店へは送料着払いでお送りください♪

管楽器高価買取しています

吹奏楽部で希望している楽器


ピッコロ解説
ピッコロはフルートの派生楽器(西洋音楽の楽器で標準型の楽器でない楽器)であり、フルートと同じ指使いでちょうど1オクターブ高い音が出る移高楽器である。イタリア語で「小さい」を意味し、音域の異なる同一の楽器群のなかで、高音域をカバーする楽器をさして用いられる。構造はフルートとほぼ同じであるが、同じ指使いで1オクターブ高い音を出せるよう、基本的にはフルートの長さを半分にしたような構造となっている

通常は足部管を欠いているので、最低の2音は出せず、最低音は中央ハから長9度上のニ音である。ピッ日の調整は、頭部管を胴部管に差し込む長さによってピッチを調整する。 フルートの管体は洋銀、銀、金などの金属製が大半なのに対し、ピッコロでは金属製の音色が鋭すぎるという理由から、頭部管を金属製として胴部管は黒檀などの木材や合成樹脂を使用したり、頭部管・胴部管ともに木材や合成樹脂を使用することが多い。

フルートと基本的な奏法が同じであるため、オーケストラにおいては、いわゆる「持ち替え」によりフルート奏者が兼任することが多いが、演奏・表現技術の高度化などの理由で、専任のピッコロ奏者をおくオーケストラも増えてきた。

フルートと比較した場合、発音に速い息が必要であること、楽器の大きさが小さいため細かな唇(アンブシャ)のコントロールが求められる、などの違いがあり、特に高音域の弱音を演奏することは難度が高いと考えられます。

▼楽器の買取方法

下記の方法にて買取いたします。
詳細につきましては コチラ でご確認ください。

楽器の宅配買取

▼楽器買取に関するQ&Aはコチラ

Q&A

楽器を手放すタイミング
楽器の買取をしてきた中でどのようなタイミングで楽器を手放されるケース(事情)があったのかをまとめています

運営

楽器買取センターDOREMI
〒454-0854
名古屋市中川区松年町3丁目6番地2
午前11時~午後4時 迄営業
(定休日:土・日・月曜日・祭日)
TEL: 052-654-7155

サイトマップ